Skip to content

住みやすい街「福岡」は排水口つまりが多いという事実

福岡は「住みやすい街ランキング」上位の常連ですが、それに甘えているのか賃貸住宅のメンテナンスは進んでおらず、家賃は高止まりしたままです。

東京・名古屋・大阪などから福岡に転勤してきた家族は、その家賃の高さに相当していない旧型設備にびっくりすると共にだんだんと「住みにくさ」を実感することになります。その困った案件の上位にくるのが「排水口つまり」が頻繁かつ県内各地で発生しているという点で、シンクが旧型であり取り扱っている会社も無くなっているケースがほとんどです。

したがって、自分でなんとかするか管理する不動産屋があればそこに連絡すればいいのですが、不動産屋に連絡しても2~3日かかるケースが多いため、早く解決したいためについ自分の手でなんとかしようとしがちです。野菜を洗ったり、食器洗いをしたりしているとタプタプとシンク内に水溜まりが発生し始めます。そこで、危機感が生まれ、そんなに時間も経たないうちに排水口つまりが原因でシンク内がプール状態になります。

自分でなんとかしようとする場合に触るのが、ゴムパッキンや防臭ワンでその損傷を疑います。防臭ワンを交換しようとしても、防臭ワン自体の種類が少なく購入しても旧式のシックの型には適合しません。強力キッチンハイターを買ってきて排水口に流し込んでも高い確率で解決しません。このように福岡の賃貸物件には難があり、特に排水口つまりは代表的な難点ですので、「住みやすい街」というフレーズに惑わされないように注意して物件を選ぶことが重要です。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *