Skip to content

水のトラブルの対応方法

水のトラブルは自分でも対応できるものがあるので、費用を安くしたいときには原因を調査すると良いでしょう。

漏れが発生しているときには、被害の拡大を最小限にするために最初に元栓を閉めることが重要です。その後に元栓の調整をしたり、パッキンが老朽化していないか、錆などが溜まって詰まっていないかなどを確認します。原因が軽微であれば、異常のある部分を交換したり清掃するなどで修理が可能です。

水のトラブルに関する知識がないときには原因の特定は難しいので、専門家に依頼すると良いでしょう。賃貸物件の場合には管理会社で手配する場合があるので、必ず連絡してどのように対応するべきなのか確認する必要があります。依頼するときには、高額な請求をされる可能性もあるので見積もりを取ってから比較するのが安心です。このとき、見積もりを出した後に断ることができますが、それとは別に見積もりや出張の費用が掛かる場合があるので注意が必要です。

依頼する会社が増えると、その都度出費が発生するので、無料で対応しているところに連絡すると良いです。その会社の公式サイト上に明記されていない場合には、無料ではないと考えられます。あまり多くの会社に見積もりを取ってもらっていると、水のトラブルの解決までに時間がかかってしまうので、3社程度にします。なお、緊急時以外は作業は早朝や深夜以外を指定した方が安いです。この時間帯は手当が必要になるので、割高になります。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *