Skip to content

雨漏りの修理について

急に雨漏りがしたら、雨が降っている日は心配ですし、家の中がどうなっているのか、心配です。

雨漏りという事態に陥ってしまったら、まず専門の業者やハウスメーカーの方に連絡して状況をみてもらう必要があります。雨漏りは屋根に問題があるだけではなく、外壁のどこかに劣化部分があり、その隙間から雨風が入り込み、家の内部に水が入ることで、天井から水が落ちてくる現象になります。そのため、雨漏りの修理にはまず調査が必要になります。どの部分から水が入り込んでいるのか、人工的に水をかけてみて、どのようなルートで水が入り込んでいるかをまず見ます。

その後、修理の必要な箇所を特定し、修理の計画を立て、初めて雨漏りの修理に取り掛かれるというわけです。部分的な修理で済む場合と、全面的に修理を施し今後の雨漏りの対策を兼ねる方法があります。雨漏りの修理には、足場を組んで行い、足場を組むにも料金が発生します。また、工事中はシートをかぶせたりし、洗濯物は屋外に干せない、窓もすっきり開けられない状況になり、そのようなことが雨漏りのたびに起こるのも金額的にも気持ちの面でも負担になります。

直すときにはしっかりと、予防を兼ねてやってしまった方が、今後も安心して暮らせますし、そのときに金額は多くかかりますが、長期的に考えたら一番安く済ます方法でもあります。工事時期は梅雨や台風の多く発生する時期はできませんし、その時期には完了していたい修理です。もしかしたら、窓を閉め切っていても不快ではない、冬の時期に済ませてしまうのも得策かもしれません。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *