Skip to content

雨漏りの修理については

昭和の時代にはドラマでも大雨が降り出すと部屋内であちこち雨漏りが始まり、たらいやバケツ、ボールなどで受けて回るシーンが見られたものでした。

しかし現代では雨漏りは室内にはものがあふれているので一大事になります。又、台風や竜巻の被害を受ける場合もあり、竜巻の場合は窓など開け放っておくと屋根が持って行かれる場合もあり、とりあえず雨漏りの修理の応急処置として養生シートを貼る方法もとられます。屋根瓦が割れたりしてそこから雨水が入るようになると防水シートが破れたり木材を腐食させたりしてそれが雨漏りの原因になることもあります。

あるいはエアコンの室外機とのつぎ目部分のシーリングや窓サッシのシーリングが劣化すると特に陸屋根の場合には庇もなく雨漏りを起こしやすいとされています。勾配屋根で勾配が緩い谷の樋の場合には、板金の立ち上がりが少ないと落ち葉が溜まったりしてオーバーフローすることで防水シートや下地木材を傷め雨漏りに結び付く場合があります。雨漏りは室内が湿気をもちますから早めに雨漏りの修理を行う必要があり、場所を特定することが先決になります。

施工では中には悪徳業者も存在しますので雨漏りの修理の際には複数の業者から見積をとるようにしたいものです。その工事見積内容を比較することで工事内容と単価が掴め参考になります。一式いくらと書かれている場合や諸経費など会社によって違いがありますので注意する必要があり、疑問な点は尋ねるようにします。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *