Skip to content

マンションでの雨漏りの修理

マンションでは、屋上防水から雨漏りが起こることがあります。

防水層平面部分の劣化や立ち上がり部分の劣化、そして排水溝の接合部分の劣化などが原因とされます。雨漏りの修理では、まずこの劣化部分を見つけることが重要です。劣化した部分が膨れているなどの具体的な症状が現われているので、これを修理すれば雨漏りを防ぐことができます。雨漏りの修理部分が多い場合、屋上防水を全体的に改修する必要があるでしょう。

また排水溝にゴミが溜まって雨漏りを起こすこともありますので、定期的に掃除をすることをおすすめします。マンションでの雨漏りの修理で多いもうひとつ多い場所は、ベランダです。マンションの床防水はFRPなどの防水方法で施工されていますが、建物自体が地震などで動いたときには亀裂が入る可能性があります。さらに排水状態が悪くなっていてオーバーフローになると、防水部分と外壁の繋ぎ部分から雨水が建物の内部に侵入してきます。

もしもベランダの床防水にヒビを見つけたら、面積がそれほど大きくない場合、全体を工事した方が雨漏りに有効です。そして雨漏りの修理には、火災保険が適用されることがあります。雨漏りの原因が風災などの影響しているならば、この保険によって修理費用を賄えます。雨漏りと火災保険では全く要件が違い、適用されるとは思わないものです。それでも風災保険など、火災以外の保証もついていることが殆どですので、一度契約書やホームページなどで確認してください。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *